珍しいキノコ舞踊団

様々な角度から「ダンス」を捉え、その作品の発表を通してオリジナリティーの確立を目指すダンスカンパニー”珍しいキノコ舞踊団”。 発表する場も様々であり、劇場空間での作品上演のほか、屋外、美術館やギャラリー、倉庫など、大きさや形態も異なる特異な空間での公演も積極的に行っている。 様々な空間で立ち上がるダンスを観客とともに体験し、それぞれの場所、それぞれの身体がもっているダンスを探り、楽しむことを主題としている。 代表作「フリル(ミニ)」は、日本舞踊批評家協会新人賞、千年文化芸術祭特別賞を受賞し、アビニヨン演劇祭など世界6都市で上演され好評を博した。また日豪修好150周年を記念して開催されたダンスフェスティバル『AJdX2006』で制作した作品「3mmくらいズレてる部屋」は、シドニーオペラハウスほか国内外6都市で上演された。そのほかにも、ケネディセンター主催の国際フェスティバル「JAPAN! CULTURE+HYPER CULTURE」(ワシントンDC)や、国際交流基金主催の現代美術展「KITA!! Japanese Artists Meet Indonesia」(インドネシア)に招聘されるなど、国内外のシーンで広く活動している。

Chie Ito - Choreographer,Producer,Dancer -

Chie Ito1990年、日本大学芸術学部在学中に珍しいキノコ舞踊団を結成。 以降全作品の演出・振付・構成を担当。作品発表のほか、映画、映像作品、演劇への振付、出演、他のアーティストとのコラボレーションなど、その活動は多岐にわたる。 2003年、フィリップ・ドゥクフレ「IRIS」に演出アシスタントとして参加。2003年~2004年、NHK教育番組「ドレミノテレビ」、2007年、映画「めがね」(荻上直子監督)、UA「黄金の緑」などの振付を担当。2005年より桜美林大学の非常勤講師を務める。